« ショックが大きすぎたようです | トップページ | カレーは辛口派 »

ヒロシマの平和記念式典

ヒロシマの平和記念式典のニュースで

今年はアメリカやロシアの大使や国連事務総長が
列席されたのを見て、

ちょっとだけほっとする。

各国内では反対の意見もあるようで
公式コメントは差し控えたようですが

核の脅威に対し
世界の思いが一つになればいいなと思います。



原爆を投下したエノラ・ゲイの機長の息子は

アメリカ駐日大使の
記念式典参加への批判するコメントを発表している。


取材に応じたのは、機長の息子で米アラバマ州に住むジーン・ティベッツ氏。「原爆投下は正しかったか」と問われ、「我々は正しいことをした。多くの米兵の命が救われたうえ、多くの日本人の命を救った可能性もある」とも述べた。同氏は保守系の米フォックス・ニュースの取材にも応じ、「日本は真珠湾を攻撃した。我々は日本人を虐殺したのではなく、戦争を止めたのだ」とコメントしていた。
~asahi.comより一部抜粋~



相変わらずである。


そこまでしないと自分達のプライドは保てないのだろうか?


彼らがヒロシマを直視し
人としての感想を述べる日が来て欲しい気持ちでいっぱいです。






  ブログランキング・にほんブログ村へ    募金サイト イーココロ!
    ↑↑
  ランキング参加中です。
  応援ぽちっとお願いします(*゚ー゚*)




« ショックが大きすぎたようです | トップページ | カレーは辛口派 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒロシマの平和記念式典:

« ショックが大きすぎたようです | トップページ | カレーは辛口派 »