« 胃がんの手術 | トップページ | 鴨川では納涼床開き »

京都縦貫自動車道 沓掛ICと大山崎JCT間走ってきました

先日、京都縦貫自動車道の
大山崎ジャンクション~沓掛インターチェンジ間が開通しましたが、
さっそく開通したばかりの道路を走ってきました。


ここでひとつ問題が・・・。

大山崎JCT・IC~沓掛IC間がつながって開通したんですが、
沓掛ICは亀岡・丹波方面行専用の入り口・出口なんですね。

大山崎方面に行くには沓掛ICからは入れないので注意が必要です。


大山崎方面に行くには「大原野IC」が入口になります。
大山崎から来たときも大原野ICが出口になります。
沓掛では降りられません。



実は私がまったくこのことを知らなくて大山崎に向かうのに
沓掛IC に入ってしまったのです。
本当にミスりました・・・www (´ε`;)


仕方なく亀岡の篠ICまで行ってUターン。
再度自動車道に乗り直し、大山崎JCT・ICへ向かうという羽目になってしまいました。


沓掛ICは北行き専用。
大原野ICは南行き専用。 ということです。


大原野インターチェンジ付近の地図を載せておきます。
   happy01 赤い人形の立っているところが大原野ICです

           (クリックで大きくなります)

Ic_2


大原野ICは沓掛ICの少し南に行ったところになります。


京都市内から大原野ICに行くには
国道9号線の「沓掛」の交差点を左折することになりますので、
近づいたら左車線をキープしてください。


大山崎ICで私は降りました。
かかる時間はだいたい7~8分くらいではないかと思います。
京都縦貫道は80kmの制限速度です。


で、
自宅から大原野ICまで行って、縦貫道を利用して大山崎まで行く時間と
自宅から171号線を通って大山崎JCTまで行く時間とを比べると
171号線を使った方が早いようです。


もちろん車の渋滞状況でも違いはありますが、
料金もかかることですし、
名神高速に乗るときは 171号線で大山崎ICに行くか、京都南ICを使うと思います。

時間がそれほど変わらなければメリットは感じませんからね。

 

ブログランキングに参加しています♪
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

 

 

« 胃がんの手術 | トップページ | 鴨川では納涼床開き »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

貴重な情報をありがとうございました。

私も先日、まったく同じことになりました。

沓掛ICから大山崎方面へ行けると思って9号線を走っているうち、大山崎方面の表示が突然なくなり、あっ、さっきの・・・と気が付いたときはすでに遅く、篠まで行ってUターン。ヤレヤレ。

さきほど“沓掛インター”で検索していくつかの記事をみても、いまいち実体が分からず、こちらの記事を読んで大納得でした。

同じような人は多いですよね、きっと。

Thank you!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50827/57291296

この記事へのトラックバック一覧です: 京都縦貫自動車道 沓掛ICと大山崎JCT間走ってきました:

« 胃がんの手術 | トップページ | 鴨川では納涼床開き »