物忘れ外来に行ってきました

あまり乗り気じゃない母に付き添って
父と一緒に予約してあった物忘れ外来に行ってきました。

私はテレビで以前にこういう外来の問診の様子を観たことがあって、
だいたい想像はできていたのですが、
母にすればとてもハードルの高いことだったと思います。

待っている間にケアマネージャーの方が
いろいろと状況など尋ねては記録していってました。

そのあと、血液検査とCTの検査であっちこっちと
ウロウロしました。


こういうのが母には負担で、
喉が渇き、頭が痛くなってくるのです。

もともと人混みは人に酔うとか言って嫌っている人ですから
初めての病院で動きまわることも
待たされることも多くて負担だったかもしれません。


やっと先生の問診を受けることになり診察室に呼ばれました。



認知症の問診は
まず、名前、一緒に来ている人の関係、
きょうの月日、今いる場所、などを問われます。


ここで、母はきょうの日付けと曜日がまったくわかっていませんでした。

8月とか9月とか
水曜日とか・・・飛び出す言葉がむちゃくちゃです。


日付けに縛られない日々を送っていると
そういうものなのかもしれませんが、ちょっと「え?」と思ってしまいました。



それから
先生は3つのことばを言うので覚えておいてくださいね。と母に告げました。

ネコ・電車・むらさき

これを一度いっしょに復唱したあと、
再度、覚えておいてねと言い、次の問いに進みました。



それから行ったテストは
1時10分を指している時計を書いてください。
先生が書いた図形を真似して書いてください。というものでした。


内容は見えないのでわかりませんが
このときは指示通り書いているようすでした。



ここで先生は
さっき覚えておいてね。って言った3つのもの、おしえてくれますか?と、尋ねました。


母はえっ?といったまま、まったく答えられません。

ヒントで動物、とか乗り物とか教えてもらっていましたが、まったく外れていましたから
覚えているのではなく思いつくものを答えているようでした。



他にあった計算の質問にはしっかり間違いなく答えられていました。
100から7を引いた数を順に93、86、79・・・と答えていくのですが、
驚くほど早く、ちょっとびっくり。
さすが商売をやってただけあります。


質問はこれくらいだったと思います。




最後の最後に
「意地悪してるみたいで申し訳ないけど、
今日は何月何日、何曜日か思い出せた?」と先生が尋ねました。

今度はなんとか10月・・・いや11月とか・・・言ってましたが。

月日の認識がなくなるのは
歳のせいもあるかもしれませんが、
認知症の初期、軽度なときにも現れる症状のようです。




診察の結果。
CT検査での脳の様子はきれいで問題ないとのこと。
ただ、
今はまだ生活に支障が出るようなことではないが
覚えていることが難しい認知症の初期で、
このまま放っておくと確実に症状が進んでいくでしょうと告げられました。

認知症の治療と言って完治はないので、
少しでも進行を遅らせるよう薬を飲んでいくことになりました。


予約は3時だったのですが、
処方薬を近くの薬局もらって帰りの途についたのが5時半でした。

私も疲れましたが、
母はもっと疲れたと思います。
帰りには頭が痛いと訴えていましたから・・

母には気持ちの面でも大変だったろうと思いますが、
これでなんとか
母を病院に行ってもらうという第一段階クリアできました。

あとは薬の効果を少し期待したいと思います。




▼ブログランキングに参加しています♪ポチッとお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

知らなかった精神安定剤のこと

父の手術と入院で実家に帰った時に
いつも飲んでる薬が切れそうだと言うので、
母を乗せてかかりつけのお医者さんまで
薬を取りに車で連れていってあげたことがありました。


それまで薬を飲んでいるのは知っていましたが、
何を飲んでいるのか?気にも留めなかったのですが
その日、飲んでいるのが精神安定剤と睡眠薬だと知りました。


軽くショックでした。


その後、自分の家に帰ってからそんな話を相方にすると、
ふらふらするのとか物忘れするのとか
その薬のせいじゃないないの?と、ひと言。


そんなこと、考えてもみなかったけど
言われてみれば
その可能性も疑うべきだったと初めて思いました。




ずっと知らずにいた母の飲んでいる薬のことが
急に気になりだしました。


母の物忘れのようすから、
初期の認知症かもしれないとばかり疑っていましたが、
薬の副作用を調べているうちに
ひょっとしてその可能性も・・・と思えてきました。


特に精神安定剤とか睡眠薬は
脳に働きかける薬ですから、合う合わないによっても
年齢によっても副作用の出る場合があるようです。


安定剤の副作用には
「ふらつく」、「口が渇く」、「倦怠感」・・・etc.。

母がよく口にすることばかりです。


そして、「物忘れ」。

これも副作用の中に有ります。


そういえば 
薬を飲みだしてから、
ふらつくとか同じことを何度も言ってみたりすることが
始まったような気もします。


素人判断はできませんから
本人は嫌がるかもしれませんが、
これは病院を変えて、何としても
ちゃんとした診察を受けさせてあげたいと思います。



ブログランキングに参加しています♪
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ