鴨川では納涼床開き

もう5月になったというのに きょうも寒い寒い日でした。

ここのところの寒さは異常です。


ニュースでは観測史上最低、
長野では氷点下のところもあったみたいで記録的な寒さだそうです。
だいたい3月中旬頃の温度みたいですね。


いつもなら5月の連休あたりは
半袖で過ごせる日もあったりするんですけどね。

未だに暖房がありがたい5月なんて初めてです。



この寒い中、気温に関係なく 
きのう5月1日は納涼床開きの日。

鴨川沿いの飲食店では川に突き出た床で食事ができる
納涼床が始まりました。

が、北風の吹く吹きさらしの中、
床開きの催しもきっと寒かったことだろうと思います。


納涼床(のうりょうゆか)というのは鴨川の床の呼び名なんですね。
貴船の床は川床(かわどこ)と呼ぶそうです。
呼び名もブランド化されているんでしょうか?ね。

ちょっと「京都雑学」でした。


昨日のニュースではどこかでビアガーデンも始まったとか・・・

季節の風物詩も こう寒いと何とも雰囲気の出ないもんですね。


リンク: 京都・鴨川で納涼床開き - 速報:@niftyニュース

ブログランキングに参加しています♪
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

京都縦貫自動車道 沓掛ICと大山崎JCT間走ってきました

先日、京都縦貫自動車道の
大山崎ジャンクション~沓掛インターチェンジ間が開通しましたが、
さっそく開通したばかりの道路を走ってきました。


ここでひとつ問題が・・・。

大山崎JCT・IC~沓掛IC間がつながって開通したんですが、
沓掛ICは亀岡・丹波方面行専用の入り口・出口なんですね。

大山崎方面に行くには沓掛ICからは入れないので注意が必要です。


大山崎方面に行くには「大原野IC」が入口になります。
大山崎から来たときも大原野ICが出口になります。
沓掛では降りられません。



実は私がまったくこのことを知らなくて大山崎に向かうのに
沓掛IC に入ってしまったのです。
本当にミスりました・・・www (´ε`;)


仕方なく亀岡の篠ICまで行ってUターン。
再度自動車道に乗り直し、大山崎JCT・ICへ向かうという羽目になってしまいました。


沓掛ICは北行き専用。
大原野ICは南行き専用。 ということです。


大原野インターチェンジ付近の地図を載せておきます。
   happy01 赤い人形の立っているところが大原野ICです

           (クリックで大きくなります)

Ic_2


大原野ICは沓掛ICの少し南に行ったところになります。


京都市内から大原野ICに行くには
国道9号線の「沓掛」の交差点を左折することになりますので、
近づいたら左車線をキープしてください。


大山崎ICで私は降りました。
かかる時間はだいたい7~8分くらいではないかと思います。
京都縦貫道は80kmの制限速度です。


で、
自宅から大原野ICまで行って、縦貫道を利用して大山崎まで行く時間と
自宅から171号線を通って大山崎JCTまで行く時間とを比べると
171号線を使った方が早いようです。


もちろん車の渋滞状況でも違いはありますが、
料金もかかることですし、
名神高速に乗るときは 171号線で大山崎ICに行くか、京都南ICを使うと思います。

時間がそれほど変わらなければメリットは感じませんからね。

 

ブログランキングに参加しています♪
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ